Safety安全性

Volkswagen オールイン・セーフティ

「安全性能は、すべてに優先する」。
Volkswagenがいつの時代にも掲げているこのテーマを支えるのが、
総合安全制御のコンセプト
Volkswagen オールイン・セーフティです。
なによりも事故を起こさないための「予防安全」。
万が一の事故のダメージを軽減する「衝突安全」。
そして、事故が起きた後の被害を抑える「二次被害防止」の3つのステージで
総合的に危険を回避する数々の技術を展開しています。
その安全思想は、もちろんPassat GTEにも採用され、
渋滞時追従支援システム“Traffic Assist”を始め、
プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”など、
最先端の安全技術を標準装備しています。

Volkswagen オールイン・セーフティ : Passat GTEの場合

なによりも事故を起こさないための「予防安全」
アダプティブクルーズコントロール “ACC“
(全車速追従機能付)

クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステムは渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能。作動状況はマルチファンクションインジケーターで視覚的に確認できます。
*:本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
※起動速度:30km/h以上 作動速度:0km/h以上

レーンキープアシストシステム “Lane Assist”

フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正を行いドライバーに警告します。マルチファンクションインジケーターには走行車線マーキングを表し、ドライバーのステアリング操作をサポートします。
*:ステアリングの補正はドライバーのステアリング操作で解除することが出来ます。
※起動速度:65km/h以上 作動速度:60km/h以上

渋滞時追従支援システム “Traffic Assist“

“Traffic Assist”はドライバーがあらかじめ設定した間隔を先行車との間で保ち、走行レーンを維持するようサポートすることができます。この機能をオンにすると交通渋滞時やストップ&ゴーの多い状況において、システムは自動的にアクセルペダル、ブレーキおよびステアリングを制御します。
渋滞の最後尾など、停止している車両の後ろで停車するまで減速し、先行車の動きを検知して再度発進します。
※起動速度:30km/h以上 作動速度:0~60km/h
※作動条件 ドライバーの両手がステアリングを握っていてハンドル操作に関与していること

レーンチェンジアシストシステム “Side Assist Plus”

リヤバンパー左右のレーダーセンサーにより車両後方70mまでの範囲で周辺の状況をモニタリング。車両の斜め後ろの死角エリアに車両が走行している場合、ドアミラーの専用インジケーターが点灯。ドライバーが気付かずに検出車両の方向にウインカーを作動させると点滅に切り替わり、ドライバーの注意をミラーに引き寄せます。また、検出車両の方向に進路変更しようとするとステアリングを自動で補正し軌道を修正し、他車との接触を回避します。
※作動速度 10km/h以上

リヤトラフィックアラート
(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

バックで出庫する際の安全性を大幅に高めるシステムです。駐車位置から後退で発進する際、リヤバンパーに内蔵されたレーダーセンサーにより車両後方の交通状況をモニタリングし、死角から接近してくる車両を検知した際、警告音にてドライバーに注意を促します。ドライバーが反応しなかったり、ブレーキ操作が不十分な場合には、自動的にブレーキを作動させます。
※作動速度 1~12km/h 後退時

ドライバー疲労検知システム
“Fatigue Detection System”

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、表示と警告音で休憩を促します。
※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。
カーブ走行時、車速、道路、天候状況によってはご使用になれない場合があります。

プリクラッシュブレーキシステム “Front Assist”
(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)

全速度域においてレーダーで前方の車両との距離を探知。衝突の危険を感知するとブレーキシステムをスタンバイし、警告音と警告灯でドライバーに注意喚起を促します。第二段階ではステアリングを振動させて警告。それでもドライバーが回避操作を行わない場合やドライバーによるブレーキングが不十分な場合、システムが介入し自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また、時速45km未満での走行中には歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能が作動。レーダーとフロントカメラが連携し車両だけでなく、歩行者も探知し、ドライバーが回避操作を行わない場合やブレーキ操作が不十分な場合、システムが介入し、自動的にブレーキを作動させ危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。
*:作動速度範囲 5km/h以上

プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

事故が起きる可能性を予測し、早い段階で乗員保護機能の作動に備えるのがプロアクティブ・オキュパント・プロテクション。急制動や極端なオーバーステア/アンダーステアによって発生しうる事故の可能性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高めます。同時にウインドーを閉じ、万が一の衝突が起きた際、各エアバッグが最大限の効力を発揮できるように備えるシステムです。

ポストコリジョンブレーキシステム

衝突の危険を最大限回避する機能を搭載するとともに、起こってしまった事故の被害を最小限にとどめる。そのための備えが、ポストコリジョンブレーキシステムです。これは、衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を10km/h以下になるまで減速させて、対向車線へのはみ出しによって起こる多重事故の危険を低減させるシステムです。もちろんドライバーの操作でブレーキを解除することも可能です。
*:車両は最大0.6Gの範囲内で減速されます。
※動画ではマルチコリジョンブレーキシステムとなっていますが機能は同じになります。

試乗車・展示車検索

ディーラーの試乗車や展示車を検索できる他、試乗のお申込みも行えます。
爽快で楽しい走りを、ぜひ試乗でお試しください。

詳しく見る
close