Networkネットワーク

Volkswagen 純正インフォテイメント
システム “Discover Pro”

Passat GTE/Passat GTE Variantでは、標準装備の「Discover Pro」にも多数の専用機能を追加。「レンジモニター」、「エネルギーフローインジケーター」、「ゼロエミッション統計」、「eマネージャー」、「360°レンジ」などが新世代自動車の頭脳として機能します。8インチの大型フルカラータッチスクリーンに高レスポンスの大容量SSD64GBを搭載。従来のナビゲーションシステムの域を超えた、車両を総合的に管理するインフォテイメントシステムです。画面操作時にはセンサーにより、手を近づけただけでメニューが表示されます。またVICSワイドに対応し、ETC2.0対応車載器を採用することで、より精度の高いルート案内を実現しました。

さらに純正システムならではの車両との連動性により、車両の各種情報の表示や先進安全装備などの設定も可能。もちろん、フルセグ地上デジタルTVチューナー*1、iPod®/iPhone®*2/音楽再生(MP3、WMA*3、AAC)*4、動画再生(MP4、WMV)、Bluetooth®*5オーディオ/ハンズフリーフォンにも対応しています。

レンジモニター

GTEが電気モーターだけで走行可能な距離を表示します。エアコンなど作動中の電装品をすべてオフにした場合、どれぐらい走行距離が延びるかも表示されます。

エネルギーフローインジケーター

加速中とブレーキング中(回生ブレーキ作動中)を異なった色で表示することで、エネルギーフローの状況を視認性よく確認できます。

eマネージャー

最大3回まで、出発時間と充電時間をプログラムすることができます。充電中にエアコンを作動させて、車内の冷暖房を行うこともできます。充電中であれば、エアコンはバッテリー電力を消費しないため、電気モーターによる走行距離を最大にすることができます。これらの機能はすべて、“e-Remote”を介して設定することができます。

360°レンジ

現時点における「Eモード」での走行可能範囲を、その地域を表す地図上に360ゾーンで示します。ハイライトされたゾーンは、電気モーターのみで片道走行できる範囲です。充電ステーションの場所も表示でき、ルート計算に使用されます。

モバイルオンラインサービス
“Volkswagen Car-Net“

テレマティクス機能システム “Guide & Inform”

“Discover Pro”をスマートフォンやWi-Fi ルーターなどの通信機器と接続しテザリングを通じて専用サーバーと通信を行うことで、各種情報を任意で入手できます。ルート案内の精度をさらに高めたり、オンラインによる検索を行うことで豊富な施設を検索したり、ボイス検索をすることで運転時もより安全かつ簡単に充実した内容の検索が可能。また、ニュースや天気予報など目的地の最新情報を入手したり、Gracenote®*6情報が、オンラインで最新のものにアップデートすることができます。“Guide & Inform”機能は、新車購入時より3年間無償*7で提供しています。


“Guide & Inform”各種サービス・機能
オンラインVICS情報 / オンライン施設検索 / オンラインボイス検索 / Google Earth*8 / Google Street View*8 / 駐車場(満空情報) / ガソリンスタンド(料金情報)/ ニュース / 天気予報 / 目的地インポート / ビークルヘルスレポート / オンラインGracenote®

コネクティビティ機能 “App-Connect”

インフォテイメントシステムとスマートフォン間の通信を可能とするVolkswagenが提供する新たなコネクティビティ機能です。“App-Connect”は“MirrorLink*9、“Apple CarPlay*2、“Android Auto*8に対応します。“App-Connect”を利用して、対応するアプリケーションを車載器の画面上で閲覧したり、音声で操作することが可能です。

EV/PHEV専用サービス “e-Remote”

スマートフォンもしくはCar-Netポータルサイトを介して、各種機能を設定したり、情報を取得することができます。具体的には、このアプリにより、バッテリー充電や車内の冷暖房予約、車両データや車両状況(駐車位置やドアの施錠状況)を確認できます。


※3年間無償。ご利用にはインターネットによる通信環境が必要です。パソコンおよび、スマートフォンによる通信には別途、お客様と通信会社の契約に基づく通信料金が発生します。 スマートフォンによる操作には専用アプリのダウンロードが必要です。iPhone®*2用はApp Storeから。Android*7用アプリはGoogle Play*7からダウンロードいただく必要があります。

*1:安全のため、走行中は本機モニターで地上デジタルTVやDVDの映像を見ることはできません。音声のみとなります。
*2:Apple CarPlay、iPod®、iPhone®は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhone®の商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
*3:著作権保護されているWMA(Windows Media®Audio)形式の音楽ファイルは再生できません。
*4:DVD-R/CD-R/CD-RWやSDHCメモリーカードに記録された音楽ファイルの直接再生が可能です。
*5:Bluetooth®は米国Bluetooth SIG, Inc.の商標または登録商標です。Bluetooth®は携帯電話の仕様や設定により接続できない場合や、操作方法・表示・動作が異なる場合があります。
*6:Gracenote®およびGracenote®ロゴとロゴタイプは、米国およびその他の国における Gracenote Inc.の登録商標または商標です。
*7:無償期間終了後は、専用ポータルサイトで有償更新可能。通信費は別途、各通信会社との契約に基づき発生、変動します。契約内容によっては別途追加契約が必要となる場合があります。
*8:Google、Android、Android Auto、Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
*9:MirrorLinkはCar Connectivity Consortiumの商標または登録商標です。
※走行中に使用できるのは一部のアプリケーションとなります。全てのアプリケーションに対応するものではありません。

Chargingチャージング

バッテリーチャージ

Passat GTE/Passat GTE Variantはプラグインハイブリッドシステムを採用しているため、外部電源を利用してリチウムイオンバッテリーに充電することが可能です。充電ポートはフロントグリルに内蔵されています。外部電源をチャージングケーブルで正しく接続すると、充電プロセスは自動的に開始されます。また、出発予定時刻を入力することで逆算して適切なタイミングで充電プロセスが実行されるようにプログラムすることも可能です。約4時間でフル充電されます。
※電波により植え込み型ペースメーカーなどの医療用電子機器に影響を及ぼす恐れがあります。詳しくはフォルクスワーゲン カスタマーセンターにお問い合わせください。
*:充電設備・充電環境により異なります。

Equipment装備

ヘッドアップディスプレイ

ドライバーの視界に仮想の画像を投影するレインセンサープロジェクターシステム。運転中に前方から視線を逸らすことなく、様々な情報を確認できます。仮想画像はダッシュパネルより少し前方に配置されたスクリーンに投影され、ボンネットの先端付近に 画像が浮かび上がって見えます。ヘッドアップディスプレイには、速度情報や警告情報の他、ドライバーアシスタンスシステムの情報を表示します。システムがOFFのときは、スクリーンはダッシュボードに格納されます。
※Passat GTE Advance、Passat GTE Variant Advanceに標準装備

駐車支援システム “Park Assist“

縦列駐車・車庫入れの後退駐車時に、駐車可能スペースの検出とステアリング操作を自動で行い、駐車をサポートするシステムです。さらに、縦列駐車からの発進の際も、同様に車両が自動でステアリング操作を行い、発進をサポートします。ドライバーは、システムのガイドに従い、アクセル、ブレーキ、シフト操作を行います。
※Passat GTE Advance、Passat GTE Variant Advanceに標準装備

縦列駐車モードまたは車庫入れモードを選択し、駐車スペースの横を走行すると、超音波センサーで駐車可能なスペースを検出します。ドライバーがマルチファンクションディスプレイ上に表示されるガイドに従って停車し、シフトをリバースギヤに入れると、駐車プロセスが開始されます。駐車プロセスでは、ドライバーがマルチファンクションディスプレイ上に表示されるガイドに沿って、アクセル、ブレーキ、シフト操作を行うと、システムが自動的にステアリングを操作し、定めた位置への駐車をサポートします。また、縦列駐車からの発進の際も、同様に車両がステアリング操作を自動で行い、スムーズな発進をサポートします。

【駐車プロセス中は次の事に注意してください】
  1. 車両が自動でステアリング操作を行いますので、ステアリングから手を離してください。手を挟むなど思わぬケガにつながるおそれがあります。
  2. 車速がシステムの制限速度を超過しそうになると、ブレーキが作動して自動で減速する場合があります。
  3. 車両が障害物に近づいて衝突するおそれがある場合、被害を軽減するために自動的にブレーキが作動することがあります。システムの各機能には限界があります。
    システムを過信せず、十分な注意を払い、安全な運転を心がけてください。システムの作動条件等、その他の重要な注意事項がございます。詳しくは、正規ディーラーにお問い合わせください。
※車両が全ての操作を自動で行うシステムではありません。低い縁石や輪止め、超音波を反射しないものなど、センサーで検知できないものもありますので、必ずドライバーが十分な安全確認を行い、必要に応じて駐車プロセスを中断してください。また、フェンス、支柱、樹木、周囲の車両の開いたテールゲート等は、センサーに検知されない場合があります。

アラウンドビューカメラ “Area View“

運転席からでは視認しにくい周囲の情報を、映像で提供するシステム。フロント・左右サイド・リヤの4台のカメラにより、車両を上空から見下ろしているような合成画像をディスプレイに表示。それぞれのカメラの画像はワンタッチで切り替えられます。車両の周囲を視覚的に把握できるので、狭い路地での確認などに便利です。
※Passat GTE Advance、Passat GTE Variant Advanceに標準装備

電動パノラマスライディングルーフ

前席から後席まで続く大きな開口部が、室内に心地よい光と風、そして開放感をもたらします。強すぎる陽射しを軽減するサンシェードと、乗員を紫外線から守るUVカットガラスを備えています。
※Passat GTE Advance、Passat GTE Variant Advanceにオプション

パークディスタンスコントロール(フロント / リヤ)

バンパーに設置したセンサーにより障害物などを感知して警告音で知らせます。

オートライトシステム / レインセンサー

フロントウインドー上部のセンサーで、車外の明るさや雨を感知。オートを選択することで、自動でヘッドライトを制御し、ワイパーの作動間隔を調整します。

リヤビューカメラ “Rear Asttsist“

ギヤをリバースに入れると、リヤエンブレムに内蔵されたカメラが後方の映像を映し出します。車庫入れ時などに、後方視界を画面で補助します。

アダプティブシャシーコントロール “DCC“

ダンパーの減衰力や電動パワーステアリングの特性を瞬時にコントロールする先進のサスペンションシステムです。日常走行に適した「ノーマル」、快適な乗り心地を維持する「コンフォート」、俊敏性を高める「スポーツ」の3種類のモードをスイッチひとつで選択可能。さまざまな走行状況に合わせて連続的に減衰力特性を変化させ、ドライバーの意思に応える自在な走りを提供します。
※Passat GTE Advance、Passat GTE Variant Advanceに標準装備

見積りシミュレーション

オンライン上での見積りシミュレーションやローン支払例をご確認いただけます。

詳しく見る