Volkswagen

  • facebook
  • twitter

Scroll

Concept コンセプト

退屈なハイブリッドに、終わりを告げる。

感性をダイレクトに刺激するスポーツ性能と次世代のベンチマークとなる優れた環境性能をかつてない領域で融合。Volkswagenの新しいプラグインハイブリッドカーがいま、すべてのハイブリッドカーを革新する。

求める走りによって選べる3つのモード。大容量バッテリーと109PSを発生させる電気モーターがトルクフルで快適なゼロエミッション走行を実現するEモード。1.4ℓTSI®エンジン+電気モーターのパワーを最大限に引き出すことで、Golf GTIにも負けないパフォーマンスを発揮するGTEモード。そして、Volkswagen独自の高効率システムを搭載することで、ロングドライブを可能にしたハイブリッドモード。それぞれの走りに最高を求め、いま、ハイブリッドカーはあらゆるライフシーンを彩るこれまでにないクルマへと生まれ変わる。誕生、New Golf GTE。妥協のない進化だけが、可能性の限界を探り、それを超えていくことができる。

Volkswagen Car-Net
e-Remote

スマホもしくはCar-Netウェブサイトを介して、各種機能を設定したり、情報を取得することができます。具体的には、このアプリにより、バッテリー充電や車内の冷暖房予約、車両データや車両状況(駐車位置や施錠状況)を確認できます。

普通充電ポート

Golf GTEはプラグインハイブリッドシステムを採用しているため、外部電源を利用してリチウムイオンバッテリーに充電することが可能です。充電ポートはフロントグリルのフォルクスワーゲンエンブレムに内蔵されています。外部電源をチャージングケーブルで正しく接続すると、充電プロセスは自動的に開始されます。また、出発予定時刻を入力することで逆算して適切なタイミングで充電プロセスが実行されるようにプログラムすることも可能です。3時間強でフル充電されます。

フロントバンパー/
フロントエンブレム/
フロントグリル

ヘッドライトまで伸びたフロントグリルのブルーラインとエアインレットを拡大したスポイラーが精悍なフロントマスクを演出、その存在感を主張します。

GTEモード

エンジン+モーターのスポーティな走り。
ドライビングプロファイル機能で「GTE」モードを選択すれば、即座に本領を発揮。150PSのTSI®エンジンと102PSの電気モーターの力をフルに引き出した204PSのシステムパワーで、ホットハッチ顔負けのアグレッシブな走りを楽しめます。

Eモード

100%モーター駆動で力強くクリーンな走り。
ドライビングプロファイル機能で「E」モードを選択すれば、無音で振動のない快適な電気自動車に早がわり。EV走行のみの最大航続距離約50km、最高速度130km/hという余裕のスペックが、日常生活のほとんどを電気の力だけで走ることを可能にしています。

専用ドアシルプレート

ドアシルプレートには、鮮やかなブルーの光を放つ専用のメタルプレートを採用。

ブルーブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーはエレクトリックドライブを表す鮮やかなブルーでカラーリング。

ファブリックシート

伝統のタータンチェック柄をブルーでカラーリングしたトップスポーツシート。コーナリング時に身体をしっかりとホールドします。

LEDヘッドライト

エネルギー消費を抑えながら、高い輝度によってドライバーの視界を確保します。

E-MODE トルク330NM

クルマが走り出す瞬間から最大トルクが得られるのは、これまでのガソリン自動車にはない新しい運転感覚。
そんな330Nmの力強いトルクが生み出す走りを、クリーンな電気モーターだけで楽しむことができるのです。

GTE-MODE トルク350NM

「GTE」モードを選択すれば、エグゾーストノートとともにパワーを一気に解放。電気モーター+1.4ℓTSI《R》エンジンのパフォーマンスをフルに引き出し、Golf GTIに匹敵する350Nmの最大トルクを発揮させることも可能です。

HV-MODE 燃費

走行状況に応じてTSI《R》エンジンと電気モーターの最適な組み合わせを自動選択。さらに減速エネルギーでバッテリーを再充電するなど、効率的で無駄のない走りが23.8km/ℓという優れたハイブリッド燃料消費率を実現します。

LEDテールランプ

美しくデザインされたテールランプには、視覚的に優れるLEDを採用、減速や停止の状態にあることを後続のドライバーに知らせます。

Golf GTE SPECIAL MOVIE MAFIA vs GTE

Golf GTE View point

  • Volkswagen Car-Net e-Remote
    Volkswagen Car-Net
    e-Remote
  • 普通充電ポート
    普通充電ポート
  • フロントバンパー/フロントエンブレム/フロントグリル
    フロントバンパー/
    フロントエンブレム/
    フロントグリル
  • GTEモード
    GTEモード
  • Eモード
    Eモード
  • 専用ドアシルプレート
    専用ドアシルプレート
  • ブルーブレーキキャリパー
    ブルーブレーキキャリパー
  • ファブリックシート
    ファブリックシート
  • LEDヘッドライト
    LEDヘッドライト
  • E-MODE トルク330NM
    E-MODE トルク330NM
  • GTE-MODE トルク350NM
    GTE-MODE トルク350NM
  • HV-MODE 燃費
    HV-MODE 燃費
  • LEDテールランプ
    LEDテールランプ

Performance 走行性能

ドライバーとくるまの関係性におおきな変革をもたらす全く新しいプラグインハイブリッド

Performance 走行性能

Golf GTIはホットハッチの代名詞として知られる、世界で最も成功したコンパクトスポーツカーといえます。そのコンセプトはさらなる進化を遂げ、プラグインハイブリッドシステムを採用した初のGTモデル、Golf GTEが誕生しました。GTIの「I」はフューエルインジェクションを表しているのに対し、GTEはエレクトリックドライブのグランツーリスモであることを意味します。動力源となっているのは110kWの直噴ガソリンターボエンジンと80kWの電気モーター、この2つのパワーソースがハイブリッドモデル用に特別に開発された6速DSG®と組み合わされ、サステイナブルでありながらもダイナミックな性能を備えたドライブユニットを構成しています。ガソリンエンジンはGTEにGTIと同等のダイナミックな性能を与え、電気モーターはEV、静かなゼロエミッションカーへと変貌させます。EV、スポーツモデル、ロングツアラー。Golf GTEは一台で三つのキャラクターを堪能することのできる全く新しいプラグインハイブリッド。あらゆるシーンをカバーするだけでなく、ドライバーとクルマの関係性に大きな変革をもたらします。

E mode

ゼロエミッション・ホットハッチ。

航続距離約50km*1、または時速130km*2までなら完全な電気自動車として走行できるGolf GTE。それは、これまでの概念を覆す新しいプラグインハイブリッドカー。
アクセルを踏んだ瞬間から得られる力強いフルトルクや、変速ショックのまったくない加速。新次元の走りで、日常のほぼすべてをクリーンなホットハッチとして楽しめる。

*1:JC08モード 国土交通省審査値:53.1km。気象・道路状況や運転方法、車内電力使用状況により異なります。
*2:欧州測定値
詳しく見る
100%モーター駆動で
力強くクリーンな走り。

E modeを選択すれば排気ガスをまったく排出しない走行が可能となります。リチウムイオンバッテリーは3時間強*でフル充電ができます。また専用アプリを介して、リモートコントロールで充電を予約、開始することも可能です。
*:充電設備・充電環境により異なります。

GTE mode

フルパワーで、あなたを刺激する。

モードを切り替えた瞬間、GTEはその性格を豹変させる。
1.4ℓTSI®エンジン+電気モーターが生み出す、ガソリンエンジンだけでは味わえないパワフルな加速。数々の電子制御技術やリチウムイオンバッテリーを搭載したことによる低重心化がもたらす高い走行安定性。アクセル・ギヤボックス・ステアリングの特性が切り替わり、これまでのハイブリッドカーでは決して愉しめないダイナミックな走りを可能にする。

詳しく見る
エンジン+モーターの
スポーティな走り。

シフトレバーの左側にある「GTE」ボタンを押すことでTSI®エンジンのチューニングは性能重視に、アクセルやステアリングといった入力装置はスポーティな特性に切り替わり、GTIの系譜を受け継いだダイナミックなドライビングパフォーマンスを発揮します。

HV mode

乗るほどに、世界は広がっていく。

走行シーンに合わせてエンジンとモーターを効率よく選択。
さらに減速エネルギーを変換してバッテリーを再充電することでロングドライブを可能にしたオールラウンドロングツアラー、Golf GTE。ガソリン自動車のスポーツモデルとしては考えられない燃費性能が、あなたのドライブに無限の可能性を導き出す。

詳しく見る
エネルギー効率に優れた
ハイブリッド走行。

リチウムイオンバッテリーの充電レベルや状況に応じて最適なパワーソースを選択します。充電レベルが十分な場合には電気モーターを、低下した場合にはTSI®エンジンを、出力が必要な場合にはその両方を選択します。

電気だけで走る。

イグニッションオン時においては自動的にEモードが選択されます。リチウムイオンバッテリーの充電レベルが良好であればTSI®エンジンを始動することなく、日常的な走行シーンの大半をEモード(モータードライブ)でカバーすることが可能です。スタート時にバッテリーが満充電の状態であれば、排気ガスを出すことなく最長で約50km*1を走行することができます。また、電動駆動だけで時速130km*2を発生します。
エネルギーフローディスプレイでは加速中はバッテリーから電気モーターに向けて、また駆動輪の進行方向に向かって青色の矢印が表示されます。Eモードを選択していても、リチウムイオンバッテリーの充電レベルが低かったり、外気温がとても低い場合にはエンジンが始動します。
*1:JC08モード 国土交通省審査値:53.1km
*2:欧州測定値

毎日の通勤やショッピングのように往復で50kmに満たない距離を走行する場合、Eモードを選択すれば排気ガスをまったく排出しないゼロエミッション走行が可能となります。

エンジン+モーターでパワフルな加速。

GTEモードを選択するとエンジンとトランスミッションはスポーツモードのマップに切り替わり、アクセル操作に対するエンジンレスポンスが向上し、ダイナミックなドライブフィールを提供します。ステアリングにおいてはダイレクトな操作感が高まり、エンジンサウンドはスポーツモードに相応しい力強いサウンドへとチューニングされます。また、アクセルペダルをいっぱいに踏み込みキックダウンすると、TSI®エンジンと電気モーターが同時に作動し、GTEモードの醍醐味であるエレクトリックブーストが発動します。ハイブリッドシステムが最大パワーを発生している様子はエネルギーフローディスプレイにおいてTSI®エンジンが発生している動力は橙色、電気モーターが発生している動力は青色の矢印で表示され、両方のパワーソースで駆動していることを示します。

瞬間的な加速が必要な場合、TSI®エンジンと電気モーターが同時に作動し、極めて強力な推進力が発揮されます。

スタイルに応じて効率的に。

リチウムイオンバッテリーの充電レベルやドライバーの運転スタイルに応じてGolf GTEはパワーソースを選択します。比較的低速域で走行している場合には電気モーターが選択され、TSI®エンジンは停止した状態となります。アクセルペダルを緩やかに操作することで電動駆動による運転領域を広げることが可能です。アクセルペダルを素早く踏んだ時やリチウムイオンバッテリーの充電レベルが低下した場合にはTSI®エンジンが自動的に始動します。回生により充電レベルが回復し、ドライバーが緩やかなアクセル操作を続けると、電気モーターのみでの駆動に復帰します。

バッテリーの充電レベルが一定以下になるとTSI®エンジンがメインの駆動力となり、電気モーターはオルタネーターとして機能します。インフォテイメントシステム上で充電優先のバッテリーチャージモードを任意に選択することもできます。

一定以上の距離を走行する場合、自動的にパワーソースも選択し、状況に応じて再充電を行いながら効率的なドライブを可能とします。

Performance 指先ひとつでクルマを乗りかえる。

3つの走行モード

Golf GTEには「Eモード」「GTEモード」「ハイブリッドモード」の3つの異なる走行モードが用意されています。シフトレバーの左側に配置された「E-MODE」ボタンを押すことでEモードとハイブリッドモードを切り替えることが可能です。またドライビングプロファイルを切り替える「GTE」ボタンを押すことでドライバーはスポーティな走行感覚を得ることができます。ドライバーは常にマルチファンクションインジケーターでは現在選択されているモードを、インフォテイメントシステムのスクリーンではエネルギーフローの状態を確認することが可能です。

エネルギー回生レベル

Golf GTEでは、従来の走行中アクセルペダルから足を離したり、ブレーキをかけた際に発生する減速エネルギーをバッテリーに充電する回生システムが二段階で調整可能です。シフトレバーをDレンジから一回手前に動かすことで、回生充電のレベルが引き上げられ、ブレーキを使わなくてもある程度、減速することが可能となります。エネルギーの回生によってブレーキ効果が大きい場合には、実際にブレーキペダルを踏んだ時と同じようにブレーキランプが点灯します。

  • e-Drive mode
  • GTE mode
  • Hybrid mode

Performance 走行性能 ハイブリッドを革新する先進テクノロジー。

1.4ℓ TSI®エンジン

Golf GTEに搭載される直噴ガソリンターボの1.4ℓ TSI®エンジンは、最高出力110kW(150PS)を5,000〜6,000rpmで発生、最大トルク250Nmは、1,500~3,500rpmという幅広い回転域で得られます。鋳造アルミニウム製の超高剛性クランクケースをはじめとする様々な先進技術により、総重量はわずか102.8kgに抑えられています。また、プラグインハイブリッドであるGolf GTEは、電気モーターだけでも長時間走行できるため、内燃機関は何週間も使われない可能性があります。この1.4ℓ TSI®エンジンは、そうした条件に配慮した設計としてベアリングにポリマーコーティングを施し、ピストンリングにも特別なハードコーティングを行っています。またGolf GTEに搭載されるユニットはEA211エンジンで初めてサーマルマネジメントシステムを採用し、エキゾーストマニホールドとシリンダーヘッドとを完全一体化したことと相まって暖機時間の短縮を実現しています。

電気モーター

Eモード選択時におけるメインパワーユニットとなる3相永久磁石同期型モーターは、許容回転数7,000rpm、最高出力80kW(109PS)、最大で330Nm ものトルクを発揮します。このトルクの太さがEモードやハイブリッドモード選択時における滑らかな加速とGTEモード選択時における極めて強力な推進力を可能としています。また走行用の動力を供給するだけでなく、バッテリー充電用のオルタネーターやエンジン始動用のスターターモーターとしての役割も持っています。電気モーターはDSG®のギヤボックスハウジングと一体化されており、エンジンとの接続を遮断するクラッチのデュアルマスフライホイールとDSG®コンポーネント間のインプットシャフトに取り付けられています。電気モーターとギヤボックスを完全に一体化させるためにエンジンの搭載位置は通常モデルよりも約60mm正面から見て左側に移動されています。

6速デュアルクラッチギヤボックス

ハイブリッドモデル専用に開発された6速DSG®は電気モーター、遮断クラッチと一体化され、コンパクトなユニットを形成しています。駆動用クラッチはそれぞれ400Nm、TSI®ユニット側の遮断クラッチは350Nmまでのトルクに対応できるよう設計されています。DSG®は駆動力を中断させることなく、瞬時にギヤシフトを完了させるとともにコースティング走行(巡航中のアクセルオフ時など)のような状況において遮断クラッチはエンジンをフロントドライブアクスルから切り離す役割も担います。

リチウムイオンバッテリー

電気モーターに電力供給を行う役割を担っているのが高電圧リチウムイオンバッテリーです。バッテリー全体のエネルギー容量は8.7kWh、充電状況に応じて250〜400Vの電圧を発生します。リヤアクスル前方のアンダーフロアに取り付けられており、プロテクティブバーとアンダーガードによって保護されています。バッテリーが使用されていない時や衝突事故が起こった際、バッテリーは自動的に絶縁状態になります。Golf GTEのリチウムイオンバッテリーには冷却用の水冷クーリングシステムが採用されており、バッテリー内の温度分布は常時モニターされ、サーマルマネジメントシステムによって適切な温度に管理されています。

Golf GTE専用メータークラスター

Golf GTEは専用に新設計されたダッシュパネルインサートを装備。インサートの左側、通常、タコメーターがある場所にはモーターの出力をあらわすパワーインジケーターがメインで設置され、TSI®エンジンのタコメーターはその下部に配置されています。パワーインジケーターではメーターの色によってエネルギーが出力状態にあるのか回生状態にあるのかを確認することができます。エレクトリックブーストの領域にまでアクセルペダルを踏み込むとエンジンとモーターが連結され、ハイブリッドシステムのパワーを最大限に引き出すことが可能となります。スピードメーターは従来通り右側に配置され、走行速度と燃料残量をあらわします。パワーインジケーターとスピードメーターの間にあるディスプレイには、常に電気モーターのみでの走行可能距離と現在のドライブモードが表示されます。

  • 1.4ℓ TSI®エンジン
  • 電気モーター
  • 6速デュアルクラッチ
    ギヤボックス
  • リチウムイオンバッテリー
  • Golf GTE専用
    メータークラスター

Safety 安全性能 時代が変わっても、安全性は変わらない。

プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”
(シティエマージェンシーブレーキ機能付)

全速度域においてレーダーで前方の車両との距離を探知。衝突の危険を感知するとブレーキシステムをスタンバイし、警告音と警告灯でドライバーに注意喚起を促します。第二段階ではステアリングを振動させて警告。それでもドライバーが回避操作を行わない場合やドライバーによるブレーキングが不十分な場合、システムが介入し自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減します。また、時速30km未満での走行中にはシティエマージェンシーブレーキ機能が作動。ドライバーが回避操作を行わない場合やブレーキ操作が不十分な場合、システムが介入し、自動的にブレーキを作動させ危険を回避、あるいは追突の被害を軽減します。
※作動速度範囲 5km/h以上

レーンキープアシストシステム“Lane Assist”

フロントガラス上部に設置されたカメラにより走行中の車線をモニタリング。ドライバーの意図しない車線の逸脱を検知すると、ステアリング補正*を行いドライバーに警告します。マルチファンクションインジケーターには走行車線マーキングを表し、ドライバーのステアリング操作をサポートします。
*ステアリングの補正はドライバーのステアリング操作で解除することが出来ます。
※作動速度範囲 65km/h以上

リヤトラフィックアラート
(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

バックで出庫する際の安全性を大幅に高めるシステムです。駐車位置から後退で発進する際、リヤバンパーに内蔵されたレーダーセンサーにより車両後方の交通状況をモニタリングし、死角から接近してくる車両を検知した際、警告音にてドライバーに注意を促します。ドライバーが反応しなかったり、ブレーキ操作が不十分な場合には、自動的にブレーキを作動させます。
[オプション(セーフティパッケージ)]
※作動速度範囲 1〜12km/h 後退時

アダプティブクルーズコントロール“ACC”
(全車速追従機能付)

クルーズコントロールにレーダーセンサーを組み合わせたシステムです。高度なレーダースキャンにより先行車を測定。あらかじめ設定されたスピードを上限に自動で加減速を行い、一定の車間距離を維持することで、長距離走行などでのドライバーの疲労を低減させます。またこのシステムは渋滞などの低速域でも作動し、先行車が完全に停止するまでの範囲で制御が可能*。作動状況はマルチファンクションインジケーターで視覚的に確認できます。
*本機能は先行車のゆるやかな減速に対応するものであり、急ブレーキによる減速に対応するものではありません。
※作動速度範囲 30km/h以上

ブラインドスポットディテクション
(後方死角検知機能)

リヤバンパーに内蔵されたレーダーセンサーを使用し、側面および後方車両との車間距離と車速の差を測定します。ドライバーの死角となる後方側面に車両を検知した際、ドライバーが方向指示器を操作すると、ドアミラーに内蔵された警告灯が点滅しドライバーに注意を促します。自車両から約20mまでの範囲が検知可能です。
[オプション(セーフティパッケージ)]
※作動速度範囲 15km/h以上

リヤビューカメラ“Rear Assist”

ギヤをリバースに入れると車両後方の映像を映し出します。画面にガイドラインが表示され車庫入れや縦列駐車などの際に安全確認をサポート。カメラは、テールゲートオープナーであるリヤエンブレムに内蔵されています。

ESP-DSR

クルマの不安定な挙動を感知すると、多くの電子制御機能をコントロールしてブレーキやエンジン出力を統合制御。走行時の予期せぬ障害物の回避や滑りやすい路面での横滑りを防ぎ、走行安定性を高めます。
ESP=エレクトロニック・スタビリゼーション・プログラム
DSR=ドライバー・ステアリング・リコメンデーション。左右輪の路面状況が異なる場合でも、常に安定したハンドリングを提供します。

ポストコリジョンブレーキシステム

衝突や追突時の衝撃をエアバッグのセンサーが検知することで作動。自動でブレーキをかけて車両を時速10km以下になるまで減速*させ、対向車線へのはみ出しなどによって起こる多重事故の危険を低減させます。
*車両を最大0.6Gの範囲内で減速します。

ドライバー疲労検知システム
“Fatigue Detection System”

ドライバーのステアリング入力や角度をモニタリング。疲労や眠気による急なステアリング操作など、通常の運転パターンと異なる動きを検知して、マルチファンクションインジケーターの表示と警告音で休憩を促します。
※このシステムはドライバーの疲労をどのような状況でも検知できるわけではありません。車速が65km/h未満の場合やカーブ走行時、道路状況、天候状況によってはご使用になれない場合があります。

パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)
/オプティカルパーキングシステム

センサーにより障害物などを検知してディスプレイと警告音で知らせるシステム。
障害物との距離や位置を表示して、駐車時の安全な操作をサポートします。
[オプション(セーフティパッケージ)]

プロアクティブ・オキュパント・プロテクション

急制動や極端なオーバーステア/アンダーステアによって発生しうる事故の可能性を検出すると、即座にシートベルトのテンションを高め、同時にウインドーを閉じます。それによって万が一の事故が起きた際に、各エアバッグが最大限の効力を発揮できるよう備えます。

エアバッグ

9個のエアバッグを標準装備するとともに、音響センサーの導入によって衝撃に対する反応時間の短縮も実現。運転席/助手席の「フロントエアバッグ」、前席/後席の「サイドエアバッグ」、サイドウインドー全体を覆う「カーテンエアバッグ」に加え、運転席には「ニーエアバッグ」を採用し、クラストップレベルの乗員保護性能を備えています。

  • プリクラッシュ
    ブレーキシステム
    “Front Assist”
  • レーンキープアシストシステム“Lane Assist”
    レーンキープアシストシステム
    “Lane Assist”
  • リヤトラフィックアラート
    リヤトラフィックアラート
  • アダプティブクルーズコントロール“ACC”
    アダプティブクルーズ
    コントロール“ACC”
  • ブラインドスポットディテクション
    ブラインドスポット
    ディテクション
  • リヤビューカメラ“Rear Assist”
    リヤビューカメラ
    “Rear Assist”
  • ESP-DSR
    ESP-DSR
  • ポストコリジョンブレーキシステム
    ポストコリジョン
    ブレーキシステム
  • ドライバー疲労検知システム“Fatigue Detection System”
    ドライバー疲労検知システム
    “Fatigue Detection
    System”
  • パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ)/オプティカルパーキングシステム
    パークディスタンスコントロール
    (フロント/リヤ)
    /オプティカル
    パーキングシステム
  • プロアクティブ・オキュパント・プロテクション
    プロアクティブ・
    オキュパント・
    プロテクション
  • エアバッグ
    エアバッグ
※これらのシステムは追突や事故などを自動で回避するものではありません。また、システムの制御には限界があり、道路状況や天候によっては作動しない場合があります。
ご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。詳しくは正規ディーラーにお問い合わせください。
レンジモニター

レンジモニター

GTEが電気モーターだけで走行可能な距離を表示します。エアコンなど作動中の電装品をすべてオフにした場合、どれぐらい走行距離が延びるかも表示されます。

エネルギーフローインジケーター

エネルギーフロー
インジケーター

アニメーション画像を使って走行中の電力の流れを示します。加速中はブルーの矢印、ブレーキング中(回生ブレーキ作動中)はグリーンの矢印で表示します。

eマネージャー

eマネージャー

最大3回まで、出発時間と充電時間をプログラムすることができます。充電中にエアコンを作動させて、車内の冷暖房を行うこともできます。充電中であれば、エアコンはバッテリー電力を消費しないため、電気モーターによる走行距離を最大にすることができます。これらの機能はすべて、「Car-Net e-Remote」を介して設定することができます。

360°レンジ

360°レンジ

現時点における「Eモード」での走行可能範囲を、その地域を表す地図上に360ゾーンで示します。ハイライトされたゾーンは、電気モーターのみで片道走行できる範囲です。充電ステーションの場所も表示でき、ルート計算に使用されます。

Carlife Support カーライフサポート あらゆる情報があなたのもとに

*1:安全のため、走行中は本機モニターで地上デジタルTVやDVDの映像を見ることはできません。音声のみとなります。 *2:iPod®およびiPhone®は、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。 *3:著作権保護されているWMA(Windows Media® Audio)形式の音楽ファイルは再生できません。 *4:DVD-R/CD-R/CD-RWやSDHCメモリーカードに記録された音楽ファイルの直接再生が可能です。 *5:Bluetooth®は米国で登録されたBluetooth SIG, Inc.の商標です。Bluetooth®は携帯電話の仕様や設定により接続できない場合や、操作方法・表示・動作が異なる場合があります。 *6:Mirror LinkTMはCar Connectivity Consortium.の商標または登録商標です。

Volkswagen純正インフォテイメントシステム
“Discover Pro”

Golf GTEでは、標準装備の「Discover Pro」にも多数の専用機能を追加。「レンジモニター」、「エネルギーフローインジケーター」、「ゼロエミッション統計」、「e マネージャー」、「360°レンジ」などが新世代自動車の頭脳として機能します。さらに従来どおりの機能も充実。8インチの大型フルカラータッチスクリーンに高レスポンスの大容量SSD 64GBを搭載。従来のナビゲーションシステムの域を超えた、車両を総合的に管理する統合システムです。ナビには「ETC2.0対応車載器」を採用。合流や渋滞、事故などの情報をリアルタイムで受信して、それを即座に反映させたルートガイダンスを実現します。さらにルート選択時に画面上でルートをドラッグしたり、通りたい道や地点にドロップすると、その地点を経由させ目的地へのルートを再設定します。画面操作時にはプロキシミティセンサーにより、手を近づけただけでメニュー画面が表示されます。また純正システムならではの連動性により、車両情報の表示や各種装備・機能の設定も可能。もちろん、フルセグ地上デジタルTVチューナー*1、iPod®/iPhone®*2/音楽再生(MP3、WMA*3、AAC)*4、動画再生(MP4、WMV)、Bluetooth®*5オーディオ/ハンズフリーフォン、MirrorLink™*6にも対応。さらに2機のスマートフォンが同時接続可能で、Discover Proの画面上で素早く切り替え使用することができます。

詳しく見る

Carlife Support カーライフサポート 気軽にできる充電で安心

Golf GTEはプラグインハイブリッドシステムを採用しているため、外部電源を利用してリチウムイオンバッテリーに充電することが可能です。充電ポートはフロントグリルのフォルクスワーゲンエンブレムに内蔵されています。外部電源をチャージングケーブルで正しく接続すると、充電プロセスは自動的に開始されます。また、出発予定時刻を入力することで逆算して適切なタイミングで充電プロセスが実行されるようにプログラムすることも可能です。3時間強*でフル充電されます。
※電波により植え込み型ペースメーカーなどの医療用電子機器に影響を及ぼす恐れがあります。詳しくはフォルクスワーゲン カスタマーセンターにお問い合わせください。
*:充電設備・充電環境により異なります。

Exterior/Interior エクステリア/インテリア スポーティ&スタイリッシュ

“GTI”のアイデンティティである赤いチェック柄シートを、
エレクトリックドライブを表す鮮やかなブルーでカラーリング。
ステアリングホイールやシフトレバーのステッチにも
アクセントとなるブルーを配色することで、
機能的かつ高品質なGolfのインテリアをベースに、
EVの関連性を視覚的に表現した。

Exterior/Interior エクステリア/インテリア 先鋭的なデザイン。実感するクオリティ。

LEDヘッドライト

エネルギーの消費を抑えながら、高い輝度によってドライバーの視界を確保します。

C型LEDランプ

フロントスポイラーに装備された特徴的なC型LEDランプが特別なモデルであることをアピールします。また、遠く離れた場所からでも、ひと目でGolf GTEであることがわかります。

フロントバンパー/フロントエンブレム
フロントグリル

ヘッドライトまで伸びたフロントグリルのブルーラインとエアインレットを拡大したスポイラーが精悍なフロントマスクを演出、その存在感を主張します。

アルミホイール/ブルーブレーキキャリパー

ブレーキキャリパーはエレクトリックドライブを表す鮮やかなブルーでカラーリング。

LEDテールランプ

美しくデザインされたテールランプには、視認性に優れるLEDを採用。減速や停止の状態にあることを後続のドライバーに知らせます。

リヤスポイラー

サイドまで伸びたスポイラーが、スムーズな風の流れを実現。走行性能と燃費性能を高めるために徹底して空力特性を追求しています。

クロームデュアルエキゾーストパイプ

ボディ下面の整流効果を高めるディフューザーから突き出す2本のエキゾーストパイプ。美しいクロームの輝きと迫力のルックスが、見るものを圧倒するリヤスタイルを演出します。

レザー3本スポークマルチファンクション
ステアリングホイール

スポーク部に“GTE”ロゴをあしらうとともに、スポーティな青いステッチを用いた専用ステアリングホイール。手によく馴染む本革がドライバーの意思を確実にフロントタイヤへと伝えます。

アルミ調ペダルクラスター

アクセルおよびブレーキにはスポーティなアルミ調ペダルを採用。細部にまでおよぶこだわりがドライバーの気分を高めます。

専用ドアシルプレート

ドアシルガードには、鮮やかなブルーの光を放つ専用のメタルプレートを採用。

ファブリックシート

伝統のタータンチェック柄をブルーでカラーリングしたトップスポーツシート。コーナリング時に身体をしっかりホールドします。

レザーシート

ホールド性に優れたトップスポーツシートに素材を吟味した本革素材を採用。室内に上質な印象をもたらします。また運転席と助手席には、3段階の温度調節で寒い日にも快適なドライブを愉しめるシートヒーターを内蔵しています。
[オプション(レザーシートパッケージ)]

  • LEDヘッドライト
    LEDヘッドライト
  • C型LEDランプ
    C型LEDランプ
  • フロントバンパー/フロントエンブレム
    フロントバンパー/
    フロントエンブレム
    フロントグリル
  • アルミホイール/ブルーブレーキキャリパー
    アルミホイール/
    ブルーブレーキキャリパー
  • LEDテールランプ
    LEDテールランプ
  • リヤスポイラー
    リヤスポイラー
  • クロームデュアルエキゾーストパイプ
    クロームデュアル
    エキゾーストパイプ
  • レザー3本スポークマルチファンクション
    レザー3本スポーク
    マルチファンクション
    ステアリングホイール
  • アルミ調ペダルクラスター
    アルミ調ペダルクラスター
  • 専用ドアシルプレート
    専用ドアシルプレート
  • ファブリックシート
    ファブリックシート
  • レザーシート
    レザーシート

Equipment 装備 豊かなカーライフを演出する充実の装備。

2ゾーンフルオートエアコンディショナー

電気モーターだけで作動する、電動式のコンプレッサーを採用。運転席と助手席で、それぞれ独立して温度・風量の調整が可能です。また内蔵されたフレッシュエアフィルターにより花粉やダストを除去。くつろぎに満ちたクリーンな室内環境を保ちます。

スマートエントリー&スタートシステム
“Keyless Access”

キーを操作することなくドアロックの作動・解除(全席対応)やエンジンの始動・停止が可能なシステム。ポケットや鞄の中のキーを感知し、ドアハンドルに手をかけるとドアのロックが解除。コンソールのスタートボタンを押すだけで、エンジンの始動・停止ができます。
※電波により植え込み型ペースメーカーなどの医療用電子機器に影響を及ぼす恐れがあります。
詳しくはフォルクスワーゲン カスタマーセンターにお問い合わせください。

フルカラーマルチファンクションインジケーター

メーター内のディスプレイに時刻、瞬間・平均燃費、走行距離、平均速度、運転時間、外気温度などを表示。最小限の視線移動でドライビングに役立つ情報が得られます。

パドルシフト

ステアリングから手を離さずにシフトアップ・ダウンが可能。指先だけの操作で、スポーティなドライビングを楽しむことができます。

ラゲージルーム

通常でも272ℓ*の大容量を確保。後席の背もたれを倒せば、1,162ℓ*もの広大なスペースが出現します。また後席は60:40の割合で別々に倒すこともできるので、積み荷の大きさや形状に合わせた多彩なアレンジも可能です。
*:ISO測定法による。ドイツ公表値。

ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右)

陽射しを抑えるとともにプライバシーを確保、室内の快適さや安心感を高めます。紫外線対策にも配慮し、UVカット機能付ガラスを採用しました。

カミングホーム&リービングホーム

夜間など暗い場所での乗降時に、ヘッドライトやドアミラー下のランプが一定時間点灯し、足もとを明るく照らします。

電動パノラマスライディングルーフ

前席から後席まで続く大きな開口部を持つサンルーフが、室内に心地よい光と風、そして開放感をもたらします。電動サンシェード、UVカット機能付。[オプション]

インテリアアンビエントライト

ドアトリムにはブルーの光が点灯。洗練されたコックピットをよりクールに演出します。

オートライトシステム/レインセンサー

フロントウインドー上部のセンサーで、車外の明るさや雨を感知。オートを選択することで、
自動でヘッドライトを制御し、ワイパーの作動間隔を調整します。

アダプティブシャシーコントロール“DCC”

GTEモードに連動してダンパーの設定をスポーツモードへと切り替えることが可能です。
俊敏性を高めドライバーの意思に応える走りを提供します。[オプション(DCCパッケージ)]

  • 2ゾーンフルオートエアコンディショナー
    2ゾーンフルオート
    エアコンディショナー
  • スマートエントリー&スタートシステム
    スマートエントリー&
    スタートシステム
    “Keyless Access”
  • フルカラーマルチファンクションインジケーター
    フルカラーマルチファンクション
    インジケーター
  • パドルシフト
    パドルシフト
  • ラゲージルーム
    ラゲージルーム
  • ダークティンテッドガラス(リヤ/リヤ左右)
    ダークティンテッドガラス
    (リヤ/リヤ左右)
  • カミングホーム&リービングホーム
    カミングホーム&
    リービングホーム
  • 電動パノラマスライディングルーフ
    電動パノラマ
    スライディングルーフ
  • インテリアアンビエントライト
    インテリア
    アンビエントライト
  • オートライトシステム/レインセンサー
    オートライトシステム
    /レインセンサー
    アダプティブシャシー
    コントロール“DCC”

Body Colors ボディカラー

Pure White
Tungsten Silver Metallic
Deep Black Pearl Effect
Carbon Steel Grey Metallic
Oryx White Mother of Pearl Effect
  • Pure Whiteピュアホワイト(0Q)

  • Tungsten Silver Metallicタングステンシルバー
    メタリック(K5)

  • Deep Black Pearl Effectディープブラックパール
    エフェクト(2T)

  • Carbon Steel Grey Metallicカーボンスチールグレー
    メタリック(1K)

  • Oryx White Mother of Pearl Effect オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(0R)* *:受注生産(有償オプション)


※ナンバープレートは、撮影後の画像処理になります。 ※使用している写真は日本仕様と異なる場合がありますのでご了承ください。